脂漏性脱毛症  
  

男性ホルモンが関係(遺伝的要素)
   
テストステロン(男性ホルモン)+5α-リダクターゼ(還元酵素)

 ↓
    
5α-デハイドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)
           
 ↓
   
この5α-デハイドロテストステロンが細胞分裂(毛母細胞)の低下と皮脂腺を
肥大させ皮脂の過剰分泌を促す。

細胞分裂(毛母細胞)の低下にはビタミンA、Bを多く取る。

男性型脱毛症(脂漏性脱毛症)
  
思春期以降、前頭部、頭頂部に現れる、男性に多い脱毛症状です。
  
一定パターンで進行します。
  
最終的には、側頭部、後頭部以外は毛髪のないの状態になってしまいます。

日本人男性の30%にこの傾向があり、500〜1000万人が治療を希望しています。
白人により多くみられます。
べニガオザルやイソシギなどの動物が同じような症状がみられ、
人間特有の病気ではないようです。  

【原 因】
遺伝

遺伝傾向はありますが、不規則遺伝であり、まだ原因となる
遺伝子は見つかっていません。
また女性よりも男性の方が、男性ホルモンが多いので遺伝の 影響を受けやすいようです。
頭皮緊張
(頭の皮膚に緩みがなくなること)
人の皮膚は、年をとるにつれて弾力性がなくなってきます。 これは皮膚の中でゴムのような
働きをしている『弾力繊維』
というものが変性してしまうためで、頭皮も例外ではありません。
固くなった頭皮は、血液の循環が悪くなり、 毛の元になる毛包も栄養失調になってしまう
というわけです。 しかし末期の脱毛症でも頭皮が柔らかいケースもあるので、
この説も
推測の域を出ません。


老化

老人の毛髪が薄いのは、細胞自体の老化や動脈硬化などにより、
毛包が破壊されるからです。老人性の脱毛は、頭髪全体が薄くなります。


ストレス
男性型脱毛は、ある一時期に急激に進行する場合があります。
医学的に実証
されたわけではありませんが、仕事が特に忙しい、
十分睡眠をとれなかった、
心配事がある-など精神的ストレスを受けた時期と
重なることが多いようです。

暑さ

夏の暑さが終わるころ、脱毛が進行することがあります。 これは夏バテという全身的な
衰弱のほかに、
日光による頭皮の温度の上昇が影響しているのかもしれません。
夏期にヘルメットを常用する方は、特に注意をした方がよいでしょう。

不適当なヘアケア

過度の洗髪、パーマ、ドライヤーの使いすぎなどもよくありません。