●抜ける毛と再生する毛、各部位によって伸びる長さや速度が決まっています。それが「毛周期」です。
毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」という3つのサイクルから成り、これによって伸びる長さも決まります。
成長期: 毛が伸びている状態。成長期が長ければ毛は長く伸びます。毛が伸びる速度も各部位によって異なります。
退行期: 成長を終えた毛が抜けるまでの期間。
休止期: 休止期: 毛が抜けて次に成長を始めるまで活動を停止している期間。
休止期に入ると、電気(絶縁針)脱毛では脱毛できませんしレーザーの場合でもターゲットとなる毛がないので脱毛はできません。永久脱毛が一度の処理でできないのはこのためです。
成長期 STEP 1
毛母細胞の分裂が始まると、皮膚の中で毛の成長が始まる。
成長期 STEP 2
毛母細胞が活発に分裂して毛が成長し、皮膚表面に出て伸びている期間。
退行期
毛母細胞の分裂が停止し、成長が止まった毛が抜けるまでの期間。
休止期
抜けた毛が再び成長するまで、皮膚の中で休んでいる期間。
●全身の毛は「直毛・波状毛」「長い・短い」「太い・細い」など、生えている箇所によって形態は様々です。大きくわけると毛は「性毛」と「無性毛」のふたつに大別できます。
性毛: 第二次成長にともなって生えてくる、ワキ毛や陰毛のことです。男性の場合には、アゴの毛や胸毛、スネ毛も性毛です。
特徴は、(1)体臭の発生源であるアポクリン汗腺がある。(2)毛が太く、生える方向がバラバラで、毛包の組織が強い。
無性毛: 性毛以外のすべての毛。
特徴は、毛が細く、生えている方向が一定しているということです。
脱毛にかかる期間: 性毛:毛周期が1〜2年と長いため、脱毛も長期間かかります。
無性毛:毛周期が短いので短期間で脱毛が終了します。